スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の熱中症

2014.07.23 23:16|思うこと
梅雨もあけて、これからは毎日30度越えの暑い日が続きますね

この時期、注意しなければいけないのが犬の熱中症

犬は汗腺がおもに肉球にしかなく、人間のように発汗による体温調節が

あまりできません。

暑くなると、舌を出してハァハァと速く浅い呼吸(パンティング)を行い、

唾液を蒸散させ、気化熱で体温を下げようとします。

体温調節のほとんどを呼吸に頼らざるを得ないため、その分、人間

よりも高温多湿の環境に弱く、特に水を充分に飲めずない場合や排尿

をがまんしてしまう環境下では、熱中症になりやすいのです。

暑い日の散歩やエアコンのない室内、エアコンのない車内など十分な

注意が必要です

もし熱中症の疑いがある場合は早急な対処が必要です

意識がある場合は、一刻も早く体を冷やし、水分補給することが大切。

意識がない場合は、身体を冷やして一刻も早く病院へ。


犬は熱中症になっても自分では対処することができません

飼主の細やかな配慮がとても大切です



ジジ&イチゴも高齢犬

十分注意しないとね






HAPPY☆DOG
マイクロバブル
ソイ(大豆)マイクロバブル
オーガニックコース
歯磨き 
パットケア
グレープシードオイルトリートメント
など、お手入れコースあります




ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。